短頭種気道症候群(外鼻孔狭窄、軟口蓋過長症、喉頭室外反)

症例

フレンチブルドック 6ヶ月齢 未去勢雄

 

主訴

去勢手術希望だが、寝ている時にイビキが出る。睡眠時に無呼吸になることがある。

 

身体検査

外鼻孔狭窄(鼻の入口が狭い)があり、興奮時にストライダー音(空気を吸う時にガーガーと音が鳴る)が聴取されました。イビキやストライダーは喉頭領域の気道狭窄の存在を示す症状であるため、軟口蓋過長(伸びた軟口蓋が気管の入り口を閉塞する)の存在を疑うとともに、フレンチブルドックという犬種から短頭種気道症候群があると考えられました。

 

短頭種気道症候群について

鼻から喉、気管にかけて一箇所、もしくは複数の箇所で気道狭窄を起こす病気です。この狭窄により、いびきやストライダーが聴取されることが多く、程度によっては睡眠時の呼吸障害、運動不耐性(活動量が減る)、チアノーゼ(呼吸困難により舌の色が紫色になる)などを起こします。
短頭種(鼻の短い犬種)であるフレンチブルドックやパグ、ボストンテリア、ペキニーズなどの犬種に多く認められ、病変としては外鼻孔狭窄軟口蓋過長気管低形成などが代表的です。
治療については形態学的な異常であるため全てを治療することは困難ですが、外鼻孔狭窄や軟口蓋過長については尾翼切除、軟口蓋切除といった外科的な対応が可能です。

 

軟口蓋過長症とは

長く伸びた軟口蓋が気管の入り口である喉頭蓋を覆ったり、吸気時に気道内に引き込まれることで気道を狭窄・閉塞します。

 

 

術前検査

血液検査やレントゲンなどを実施し、大きな異常は認められませんでした。そのため去勢手術の際に口腔内を検査し、軟口蓋過長症があれば尾翼切除と同時に手術する事にしました。

 

手術

気管チューブを挿管する際に口腔内を検査したところ、軟口蓋過長を確認しました。しかし、それとは別に喉頭室外反も認められたため、尾翼切除に加え、軟口蓋切除、喉頭室切除を実施しました。

気管チューブ挿管前の状態
軟口蓋過長と奥に喉頭室外反が確認できます。

 

 

尾翼切除

外鼻孔狭窄があるため尾翼を楔(くさび)状に切除します。

尾翼切除後。

 

軟口蓋切除

引っ張っているものが軟口蓋です。

軟口蓋をソノサージ(超音波で止血と切開を行う機械)で切除しています。

切除後です。
気管チューブの背側まで見えるようになっています。

 

喉頭室外反(喉頭小嚢反転ともいいます)とは

声帯ヒダの側方にある粘膜で囲まれた凹んだ空間を喉頭室(喉頭小嚢)といいます。外鼻孔狭窄や軟口蓋化長などにより気道狭窄が持続的に生じると、喉頭室の粘膜部に浮腫(むくみ)が起こり、凹んだ喉頭室が外側に飛び出すように外反を起こします。喉頭室外反は気道をさらに狭窄させるため、治療には腫大した喉頭室を切除する必要があります。

喉頭室切除

喉頭室切除後。気管チューブの下側にV字の空間が見えるようになりました。

 

術後の経過

手術当日は酸素ケージ内での入院としました。翌日から少しずつ酸素濃度を下げていき、通常酸素濃度でも呼吸状態に問題がないことを確認して退院としました。
後日抜糸で来院してもらった際には、睡眠時のイビキは横臥位(横向き)の時にわずかに出たりはするものの、ほぼなくなったとの話でした。

短頭種気道症候群は慢性の進行性疾患であるため、当初は症状が軽度でも徐々に悪化していく事があります。若齢の頃(できれば1歳以下)に手術をする事で、症状の緩和や進行を予防することができます。短頭種のワンちゃんを飼育されている飼い主様は、普段のワンちゃんの様子からイビキなどが目立つようなら、かかりつけの先生に相談してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

甲状腺癌

 

症例

ミニチュアダックス 10歳 去勢雄

 

主訴

頚部に腫瘤(しこり)がある

 

身体検査

触診では頚部腹側のやや左側の皮下に、1.8cm大の可動性(触ると動く)の腫瘤が確認されました。

 

細胞診

腫瘤のFNA(細い針で細胞を採取する検査)を実施したところ、上皮系の腫瘍を疑う所見が認められました。細胞診を依頼したところ、甲状腺癌を疑うとの結果が出ました。
甲状腺は左右一対ずつありますが、今回は左側の甲状腺が腫瘍化していると考えられました。

超音波で見ると腫瘤の内部や周囲に豊富に血流が見られます。

 

甲状腺癌

犬の甲状腺腫瘍は中高齢(10〜15歳齢)で発生し、90%が悪性です。
悪性である甲状腺癌は診断時の転移率が16〜38%と高く、体積が大きいほど転移率は高くなります。臨床症状が出ることは稀ですが、大きくなって近くの器官を圧迫したりすると、嚥下障害や呼吸困難などの症状を起こします。
治療は甲状腺癌の状態によって変わりますが、基本的には外科が第一選択となります。
しかし固着(くっついていて動かない)しているなどで外科治療が不適応な場合は、放射線治療や化学療法(抗癌剤)が選択されます。

 

検査

腫瘤は外科的に摘出が可能な状態でしたが、甲状腺癌は肺やリンパ節へ転移しやすい腫瘍であるため、術前にレントゲンや超音波検査で転移のチェックを行いました。また、甲状腺はホルモンを分泌する内分泌器官であるため、甲状腺ホルモン濃度の測定も実施しました。
検査の結果、明らかな転移は認められず、甲状腺ホルモン濃度も正常であったため、外科手術を実施することにしました。

 

手術

甲状腺などの内分泌臓器は血管豊富な臓器であるため、出血しやすい特徴があります。また周囲には生命を維持する上で重要な反回喉頭神経や迷走神経なども存在しているため、慎重に剥離を行い腫瘤を摘出しました。また毛刈りをした際に左側の浅頚リンパ節がわずかに腫れている様子があったため、転移の可能性を考えてリンパ節郭清(リンパ節の摘出)も実施しました。

 

ピンセットで摘んでいるものが腫瘤です。

バイポーラ(電気メス)や綿棒を用いて剥離していきます。

 

摘出後(白い部分は気管)

 

摘出した甲状腺腫瘤

 

病理検査

甲状腺腫瘤は病理検査で『甲状腺濾胞腺癌』と診断されました。なお、同時に摘出した左浅頚リンパ節に明らかな転移は確認されませんでした。

 

術後の経過

甲状腺を摘出すると術後に低Ca血症や甲状腺機能低下症を起こすことがありますが、特にそのような異常は見られず経過は良好でした。
病理の結果、摘出状態は良好(腫瘍を取りきれている)との結果であったため、治療については抜糸を終えた段階で一度終了としました。ただ甲状腺癌は転移しやすい腫瘍であるため、今後は定期的に転移がないか検診を続けていくことをお勧めしています。
甲状腺癌は小さいうちは症状が出にくく、場所も見難い位置にあるため、なかなか気づくことができない腫瘍です。今回は飼い主さんが早期に発見してくれたお陰で、腫瘤が小さいうちに摘出することができました。